サーマクールの効果と持続期間とは

顔にメスを一切入れないでリフトアップと、コラーゲンを作る線維芽細胞を再び活発にすることで、肌質の若返りをすることもできるのがサーマクールの利点です。
顔のたるみやシワが気になる人たちでも、若返り治療をより身近にすることに成功した点で、貢献度が高いと言えます。シワが気になる女性はもちろん、男性の利用者もいます。

優れているところが多いサーマクールですが、一回の治療効果が皮膚に現れている期間は大体一年くらいです。



一年たったら元のたるみやすい治療前の皮膚と同じような状態に戻ります。
サーマクールは、熱を照射することで皮膚の下の二ミリくらいの位置に軽いやけどを作ることで、その時の皮膚の自然治癒力を利用しています。


肌が急性反応期や即時効果、遅延効果と呼ばれる段階を経過していくことで、劣化したコラーゲンが収縮していき、線維芽細胞の活性化が起こります。たるんだ皮膚が収縮していくことで、リフトアップと同時に開いた毛穴や汗腺、皮脂腺も小さくなっていくので、そのことが肌質をいいものにしていくのです。

遅延効果が出ている期間は、熱の影響を受けた古いコラーゲンが皮膚に吸収されて行く過程です。
この期間も線維芽細胞が増えていきます。



サーマクールを上手に使いこなす方法は、遅延効果がまだ続いている時期にまた施術を受けることです。



その結果、自然治癒力が発揮される期間を意図的に延長させることができるので、サーマクールの効果が続くのです。