肝斑治療とその要因について

肝斑とはシミの一種で、目の周りや頬骨辺りに出ることが多いです。肝斑は女性特有の症状で、男性には見られないことから女性ホルモンが関係していると考えられています。


ただ、女性によっても症状が出る方と出ない方がいるので個人差はありますが、肝斑治療に悩んでいる女性も多いのです。



30〜40代から発症する女性が多く、通常のシミのようにメラニン色素が活性化されて出来るものではないため、一度症状が出てしまうとなかなか治りにくいと言われています。

30代から発症するため、女性ホルモンの低下が要因と考えられていますが、さらに減少する40代〜50代にかけて発症率が高くなります。

またもう一つの要因としては経口避妊薬であるピルの副作用です。



ピルを飲むことで女性ホルモンが減少し肝斑が発症してしまう可能性があるのです。

肝斑治療に効果的だと言われている方法は大きく3つあり、塗り薬・内服薬・レーザー治療になります。


塗り薬としてメジャーなのがハイドロキノンです。ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑制する働きがあり、直接患部に塗ることで効果が期待できます。



内服薬としては、トランシーノが有名でこちらもメラニン色素の生成を抑える効果があります。
ハイドロキノンとトランシーノを併用することも可能で、より効果を上げたいときは両方使用することをおすすめします。レーザー治療は、直接肝斑部分に熱を当てて色素の要因を壊していく方法で、回数を重ねることで効果が見えてきます。
このように肝斑治療にも色々ありますが、どれもすぐに治るというわけではなく長期的な治療によって効果が期待できるものになります。

大事な美容の事

顔にメスを一切入れないでリフトアップと、コラーゲンを作る線維芽細胞を再び活発にすることで、肌質の若返りをすることもできるのがサーマクールの利点です。顔のたるみやシワが気になる人たちでも、若返り治療をより身近にすることに成功した点で、貢献度が高いと言えます。...

more

驚く情報

美容点滴とは、不足している栄養素を点滴で直接体内に取り込むので、高い効果が期待できます。ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6、トラネキサム酸などの美肌や美白に効果的な栄養素が配合されたものや、ビタミンB1やビタミンCなど、疲労回復に効果的な栄養素が含まれているものなど、様々な種類の点滴があります。...

more

美容のテクニック

年齢を重ねていくことで、コラーゲンの生成が減少してしまいますし、保湿力も衰えてきて、お肌は乾燥してシワができやすかったり、表情筋も衰えて、たるんできてしまいます。ほうれい線もこういったことが原因なのですが、お肌は重力にまけてどんどんたるんできてしまいます。...

more

身に付けよう

たるみ治療には様々な方法がありますがその一つとして挙げられるのがフェイスリフトです。フェイスリフトへは耳周りを自然な曲線に沿って切開をして皮膚の下にある表在性筋膜を持ち上げることでフェイスラインをシャープに引き上げる施術方法です。...

more